生地のある生活

女の子向けのリバティ

男の子向けのリバティ生地の特徴

男の子向けのリバティ生地の特徴 男の子向けに、服やレッスンバッグなどをハンドメイドするときも、リバティ生地はよく使われています。どちらかというと可愛らしいフラワープリントが多く、女の子や女性向けのイメージが強いリバティですが、服飾業界では、おしゃれなメンズのシャツにも使われていたりすることもよくあります。
その場合も、とくに小花柄が避けられているとわけでもなく、色も寒色系はもちろん、ピンクや赤、オレンジといった暖色系ものも利用されており、個性的で洒落たものになっています。
ですから家でお子さんのものをハンドメイドする場合、男の子だからといって小花柄のものを避けることはありませんし、ブルー系の色やかわいらしすぎない柄であればむしろおしゃれに見えます。
リバティには小花柄以外にも種類はあり、幾何学模様やチェック柄があるほか、男の子がより好みそうな、トムズジェットという、飛行機柄のシリーズも人気があります。たくさんの柄の種類があるリバティ、お子さんと一緒に生地を選ぶのも楽しいものですね。

女の子向けのリバティ生地の特徴

女の子向けのリバティ生地の特徴 さまざまな柄の生地があるリバティ、女の子向けにハンドメイドで作るために生地を選ぶときは、選択肢がたくさんあって嬉しいですよね。
でも、ありすぎて迷ってしまうかもしれません。ワンピースやスカートといった洋服、習い事のレッスンバッグや、学校に持っていく袋類などを作るとき、女の子向けとして人気があり、一番選ばれているリバティは、ピンク系やブルー系の可愛らしい小花柄のものです。
リバティのなかには、シックな印象のものや辛口の雰囲気のものもありますが、ちらちらとしたピンクの小花をあしらった可憐な雰囲気のものが、女の子向けでは人気があります。
また、忘れてはならないのが女の子の大好きなハローキティ。なんと、ハローキティとのコラボもあるんです。
カラフルな小花のなかに、色とりどりのハローキティがまぎれこんでいるようなデザインや、線画のように描かれているものなど、キティシリーズだけでもたくさんの種類がありますよ。ステキなリバティ生地を選んでハンドメイドを楽しみましょう。

Copyright © 生地のある生活.all rights reserved.